新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部図書館blog
図書館や本のコト
夏休みに読んでほしい長篇小説
2010年7月29日(木) 19:15
図書館や本のコト 

高野です。

図書館職員のオススメの本を2冊ご紹介します。

(書名のリンクをクリックするとブクログで本の詳しい情報を確認できます。)

高野のオススメ

レイモンド・チャンドラー著・村上春樹訳 『ロング・グッドバイ』 早川書房 584p

村上春樹の「チャンドラーの小説のある人生と、チャンドラーの小説のない人生とでは、確実にいろんなものごとが変わってくるはずだ」という言葉を噛みしめながら読みました。
私立探偵フィリップ・マーロウの強さに裏打ちされた優しさと孤独が、あなたの心を包みます。
ミステリーとしての意表を衝く展開もGood!

堀さんのオススメ

沖方 丁著 『天地明察』 角川書店 475p

主人公渋川春海の人生を決めるさまざまな人との出会い。
「縁」や「時」を大事にしながら、師や友の思いを受けて決意したことを諦めずにやり遂げる思いの強さはスゴイです。
こういった出会いや決意は誰もがあるのでしょうが、チャンスを活かすって、なかなか出来そうで出来ないものですよね…
ラストまで読み終えた時は、温かい気持ちになりました。

図書館では現在夏休みの長期貸出キャンペーンを行っています。

通常本の貸出期間は2週間ですが、今だけ30日間借りることができるので、この機会に普段読めない長篇小説を手に取ってみてください。

偶然
2010年5月22日(土) 18:47
図書館や本のコト 

図書課長・司書の高野です。

Twitterには投稿していましたがブログの投稿は今回が初めてです。

図書館のホームページ、ITコンシェルジュの伊野さんにお願いして使いやすく楽しい感じにしてもらっています。

ニュースも続々と更新中!

その中に『ひょっこりひょうたん島』と『ゲゲゲの鬼太郎』の寄贈のニュースがありますよね。

lib.n-seiryo.ac.jp/news/n100521.html

lib.n-seiryo.ac.jp/news/n100521-2.html

このふたつは、ある本を購入した際の特典なのですが、3月に数ある本の中から私が選びました。

3月ですから井上ひさしさんが亡くなる前で、『ゲゲゲの女房』のことも知らず、まったくの偶然であります。

資料を選書している司書としてはなんだか誇らしい気分で、現在図書館入口に展示しています。

この機会にこのふたつの不思議な作品世界に触れてください。

ちなみに、『ゲゲゲの女房』も購入予定です。

 

 

«3334353637|38|»