新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部図書館blog
企画展示『養生訓』-江戸に学ぶ健康法-を開催中!
2018年10月19日(金) 12:30
お知らせ 

みなさんこんにちは

久しぶりのブログ更新です!

 

現在、図書館1階カウンター脇にある企画展示コーナーでは「『養生訓』-江戸に学ぶ健康法」と題して、江戸時代の哲学者である貝原益軒によって書かれた養生(健康法)についての指南書『養生訓』を紹介する企画展示を開催しています。

チラシPDF

【展示期間】2018年10月15日~2019年2月7日

【展示場所】図書館1階企画展示コーナー

※図書館を利用する場合には登録が必要ですが、展示だけをご覧になる場合には登録は不要です。

 

『養生訓』は正徳3年(1713)に刊行され、その健康法は江戸時代に広く人々に親しまれ、現在の日本が長寿の国となる礎を築きました。

その内容は色褪せることなく、生活習慣病が増え続ける現代社会において益々重要視され、日本だけでなく世界的にも注目されています。

今回の展示では,眞壁伍郎氏より、1713年に刊行された貴重な版本をお借りして展示しています。

 貝原益軒『養生訓』全8巻.1713.和装本,4分冊;23cm.

 

 また、江戸時代に蘭学として輸入された西洋の学術書の中には健康法に関する書籍も含まれていました。それが、1797年に刊行されたC.W.フーフェラントの『Die Kunst das menschliche Leben zu verlängern』です。

この資料も日本だけでなく、海外でも翻訳され世界中で刊行されましたが、今回の展示では、眞壁氏所蔵の貴重な初版本を展示しています。

  

C. W. Hufeland 『Die Kunst das menschliche Leben zu verlängern』 1797. 185, 256p;20cm.

 

日本では、辻恕介によって翻訳され『扶氏長生法』として慶応3年(1867)に刊行されました。

 

辻恕介抄訳『扶氏長生法』理外無物楼蔵板.  1867. 和装本. 1冊;19cm.

 

この他にも『養生訓』の海外での翻訳書、『養生訓』以降の江戸から明治期にかけての健康法に関する書籍を展示してます。

 また、貴重書の展示のほかにも、貸出可能な『養生訓』の現代語訳やフーフェラントの著書の日本語訳の資料もご用意しておりますので、ご利用ください。

 コメント(0件)

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。

新しいコメントを投稿するには、以下のフォームをご利用ください。

名前:
内容:
 トラックバック(0件)

この記事のトラックバックURL : http://blog.n-seiryo.ac.jp/library/tb123